CHIeruの関連サイト

  • クラウド型教材配信サービス
  • eラーニング教材販売ストアサービス
  • 先生のための語学教材活用ルーム
  • 教材オンラインショップ CHIeru.shop
  • フラッシュ型教材ダウンロードサイト eTeachers
  • CHIeru WebMagazine
  • フラッシュ型教材活用セミナー Flash Seminar

『CaLabo EX』が選ばれてきた理由

  • アクティブ・ラーニングに使いやすい

    文科省の後押しを受け、高校・大学でアクティブ・ラーニング型授業の導入が加速化しています。広義の意味でのアクティブ・ラーニングは、一斉で知識伝達型授業以外の全てを含みます。つまり、CALL教室での語学演習活動は、アクティブ・ラーニング手法の1つです。

    アクティブ・ラーニングを語学演習に取り入れる上でよくある課題についてのQ&Aをまとめた特集をごらんください。

  • 10年以上使われてきた信頼の実績

    全国1,300校以上、海外20か国以上に導入。
    学校現場のご要望が最大限に反映された
    インターフェイスが人気です。

    現場の先生の声を最大限に反映させ、初心者の先生でも直感的で操作ができるインターフェイスを実現しました。学生の理解度や学習進度、学習内容に合わせた、より効率的な学習が可能となります。

  • 授業運営がスムーズ

    以前使っていたシステムに比べると、やりたいことにたどりつくまでのクリック数が断然少なくなりました。

    沖縄キリスト教短期大学 准教授 城間仙子先生 事例記事を読む >

    50台のパソコンが同時にアクセスするCALL教室で、音声の遅延が授業に影響を及ぼさないことを確認。さらに、ネイティブの英語教員にデモ機を使用してもらい、コントロール画面が英語に簡単に切り替わること、PCにそれほど強くない教員でも、基本操作を直感的にできることを体験してもらった上で、導入を決めました。

    吉備国際大学 外国語学部外国学科 佐藤 匡 先生 事例記事を読む >

    音声と映像を遅延なくリアルタイム配信

    ドラッグ&ドロップの簡単操作

    ファイル配布、プログラム起動、URL一斉起動がドラッグ&ドロップで簡単に行えます。また、グループワークのためのグループ作成も、グループタグへのドラッグ&ドロップで簡単に設定できます。

    インターネットにも対応した動画学習ツール
    「ムービーテレコ」が、視覚と聴覚をフル活用した授業を支援

    CaLabo EXの特長の一つである動画学習ツールです。映像教材をリアルタイムに配信しながら録画(デジタル変換)し、映像音声と連動して音声波形を表示します。学習者は映像を繰り返し視聴できます。

    ムービーテレコ対応教材

    Ver.8で学生が自主的にグループを作れるようになりました

    グループごとのレベルに応じた指導を可能にする
    「ムービーテレコ」グループ制御

    グループごとに異なる教材を与えて学習させることができます。
    レベル別にグループを作成している場合、レベルに応じた指導ができます。

    個別指導・一斉指導機能で学生のレベルに応じた指導ができる

    ペアや3~8人までのグループを自動で組み、音声やチャットによるコミュニケーションが可能です。

    あらゆるレッスンスタイルに
    対応できる充実の
    会話機能とグループワーク

    学習者の画面や音声を教卓で確認し、個別指導。学習者に緊張感やプレッシャーを与えず、効率よくその場でフィードバックできます。

    画面や音声のモニタリング
    個別に指導(インカム)
    全体に発表(モデル)
    モニタリングと評点
    プチメッセージ

    Ver.8でインターネット動画にも対応するようになりました


    タブレットリモート コントロール付きだから机間巡視も簡単

    Windows8タブレットにリモート操作用簡易コントロールパネルを表示し、先生PC上のコントローラの各種機能を遠隔操作することが可能です。

    ・ 操作ロック
    ・ ブラックアウト
    ・ Web禁止
    ・ 「呼」に応える(通知のみ) 

    ・ 出席管理(配布/締切/保存)
    ・ 電源管理(電源オン・オフ/再起動/ログオフ)
    ・ 接続先コントローラー(教室)変更
    ・ S300-AV操作 (※オプション)

    インターネット制御/プログラム制御
    学習者を授業に集中させます

    インターネット閲覧禁止
    学習者がWebサイトへアクセスするのを一時的に禁止します。禁止ブラウザー(Chrome/Firefox等)を登録できます。
    Webサイト/プログラム制限
    禁止リスト/許可リストを登録し、アクセスできるWebサイト(URL)や起動できるプログラムを制限します。
    IE一斉コントロール/プログラム起動
    指定したWebサイトを一斉に開いたり、プログラムを一斉に起動します。クラスエリアへドラッグ&ドロップするだけの簡単操作でも行えます。

  • 教室内外の授業管理が簡単

    『CaLaboⓇ Bridge』との連携
    CALL教室に限らない学生の学習と、教員の学習管理を促進

    連携オプション『CaLabo Bridge』と連携し、学習結果の回収・課題提出から採点・フィードバックまでシームレスな学習環境を実現します。

    くわしくは『CaLabo Bridge』のページをごらんください

    Active Directoryと連携した出席管理機能
    出席簿を自動データ化

    Active Directory®と連携させ、出席者の名前を自動で表示します。名前以外に学籍番号を取得することもでき、「出席履歴」としてファイルに保存できます。 名前や学籍番号はファイル回収・提出時のファイル名に反映させることもできます。

    アナライザー、小テストでクラス全体の理解度を把握

    ドラッグ&ドロップでできるファイル管理機能
    課題の配布や提出を一括操作

    持ち帰り学習で授業後の継続学習も可能

    今までお使いのテープやCDなどの音声教材をデジタル化できます。学習者は授業で使用した教材をUSBメモリなどに保存して持ち帰ることができます。