CHIeruの関連サイト

  • クラウド型教材配信サービス
  • eラーニング教材販売ストアサービス
  • 先生のための語学教材活用ルーム
  • 教材オンラインショップ CHIeru.shop
  • フラッシュ型教材ダウンロードサイト eTeachers
  • CHIeru WebMagazine
  • フラッシュ型教材活用セミナー Flash Seminar

機能一覧

CALL機能一覧

先生画面/音声送出 先生パソコンの画面やマイク音声を学習者に送出します。先生パソコン画面はフルスクリーンとウィンドウサイズで表示できます。
動画配信 DVDやビデオの映像またはMPEGなどの動画ファイルを一斉配信します。フルスクリーン表示/ウィンドウサイズ表示を先生側から指定できます。
モニタ/サムネイル表示 学習者の画面と音声をモニタします。複数学習者を一度にモニタし、一覧表示もできます。モニタからインカムへの切り替えができます。
インカム 学習者と通話しながら学習者のパソコンをリモート操作します。
モデル 任意の学習者の画面と音声を学習者全員に提示します。
電子指示棒 先生画面送出時やインカム、モデル時、パソコン画面にマーキングできます。
ペア会話 座席番号順のペアで会話練習します。ペアの学習者間で文字によるコミュニケーション(チャット)もできます。
フリーペア会話 相手がランダムに決まるペアで会話練習します。ペアの学習者間でチャットもできます。
グループ会話 先生は任意のペア/グループに参加し、会話内容を保存できます。
画面共有 会話時にペア(またはグループ)の1人の画面を共有できるようになります。
ペア内のメンバー指定 ペア(またはグループ)のうち、任意の1人を指定できます。
会話保存 先生は任意のペア/グループに参加し、会話内容を保存できます。
先生呼び出し 質問があるときなど、学習者の操作で先生を呼び出します。
コールレスポンス 学習者からの呼び出しに応え、学習者とインカムします。
レスポンス 制限時間を設定した選択式問題を配布し、リアルタイムに集計します。正解/不正解の学習者名もその場で確認でき、結果をCSVファイルとして保存できます。
ファイル配布/回収 教材ファイルを配布し、学習者ごとに区別して回収できます。添削した結果を返すこともできます。
ファイル提出 学習者が課題ファイルを先生に提出できます。
自動抽選 現在出席している学習者または選択した学習者の中で1人だけ選んで名前を表示 します。

ムービーテレコ

再生 任意の教材を選択し、教材動画・音声を一斉再生します。
録音 動画を再生しながら録画することが可能です。自分の音声を録音し比較視聴できます。
画面表示 先生は動画再生中に先生および学習者の画面をフル画面にすることが可能です。
ブックマーク 音声データに頭出しのための「ブックマーク」を付与し、ブックマークから再生します。
ダビング 先生マイク音声やテープ・DVD の音声および映像をその場でダビングできます。
キーマッピング 再生/一時停止などの操作をキーボードで行えます。
スピードコントロール 動画と音声の同期をとり、音程を変えることなく再生スピードを遅くしたり速くしたりします。
ピッチ波形表示 教材音声/録音音声のピッチ波形を比較表示します。
キャプション 動画に同期させキャプションを入れることができます。
Teaching/SelfLearning Teachingモードでは先生の操作で学習させます。SelfLearningでは、学習者が自由に操作して学習します。
録音回収・一斉保存 学習者の録音音声を回収/一斉保存します。
一斉起動/終了 ムービーテレコを一斉起動/終了します。
持ち帰り学習 教材といっしょにムービーテレコを持ち帰り、自宅で学習できます。

視聴覚機能

音声送出 先生マイク音声、パソコン音源、外部入力音源を切り替えて送出します。
教材送出 AV機器や先生パソコンの画像音声をプロジェクタやルームスピーカーに送出します。
AV機器リモート操作 先生パソコン上でAV機器の操作を制御します。

PC管理機能

操作ロック/ブラックアウト 学習者パソコンのキーボード/マウス操作をロックします。また、モニタを非表示にします。
座席アイコン表示 座席アイコン上に学習者パソコンのデスクトップ画面を表示できます。
電源管理 学習者パソコンの電源を一斉にON/OFF/再起動/ログオン/ログオフします。
リモート起動 学習者パソコンのアプリケーションを先生側から起動します。
アプリケーション監視 学習者パソコンで現在実行中のアプリケーションを座席アイコンに表示します。
URL一斉表示 インターネットエクスプローラを起動し、先生が指定したホームページを一斉に表示します。
実行不許可 学習者パソコンのアプリケーション起動やインターネットエクスプローラの利用を一時的に禁止します。
Web制限/プログラム制限 学習者パソコンでWebサイトの閲覧や指定したプログラムの利用を一時的に禁止します。

出席管理機能

AD連携 Windowsログオン時に認証されたユーザーから学習者の名前を自動で表示します。また学籍番号を取得して出席情報やファイル回収・提出時のファイル名に反映できます。
クラス設定 クラスごとに、座席配置や座席表、グループを設定できます。
出席票 授業開始時に出席票を表示し、出欠をとります。遅刻者も自ら出席できます。
出席結果保存 学習者の出席状況をCSVファイルで保存します。

設定機能

座席レイアウト 教室の座席配置に合わせて自由にレイアウトできます。
グループ作成 学習者アイコンを選択し、アイコンにドラッグ&ドロップするだけで自由にグループを作成できます。授業中、自由にグループを変更できます。
コントローラ表記 先生パソコンのコントロール画面表記は日本語/英語/中国語を切り替えられます。
デュアルモニタ対応 先生パソコンをデュアルモニタにして常にコントロール画面を表示させ、先生画面/コントロール画面を1つのマウス/キーボードで操作できます。

CaLabo Bridge 教材作成と利用※オプション

問題作成 問題作成テンプレートを埋めていくだけでHTMLベースの問題が作成できます。自宅のパソコンなど、離れた場所で作成した問題も簡単に取り込めます。
オリジナル教材作成 動画(MPEG、WMV)やHTMLファイルを組み合わせてオリジナル教材を作成できます。
オンデマンド学習 学内LANに繋がった場所からオンデマンド学習できます。
自動採点/記録 学習結果をその場で自動採点し、結果を学習履歴として保存します。
学習結果集計 個人/クラス単位で集計した学習結果を表やグラフで表示し、CSVファイルにも出力できます。

CaLabo Bridge 連携機能(※オプション)

情報の継承 CaLabo EX の授業開始時、CaLabo Bridgeに登録してある「先生情報」「クラス情報」を取り込み、CaLabo EXを起動したユーザのクラス一覧から選択して授業を始めることができます。
一斉起動とシングルサインオン CaLabo Bridgeに登録してあるコースのアクティビティ、教材を、先生から一斉に起動できます。その場合、学習者側ではLMSに自動でログオンされます。(シングルサインオン)
出席情報送信 CaLabo EX の出席情報をCaLabo Bridge側に送信し、CaLabo Bridgeで「履修者」として登録している学習者の出席情報として集計できます。

その他(※オプション)

プリンタ管理 教室内のプリンタを一括で管理します。(オプション)
リモート制御 準備室など、教室外から先生・学習者パソコンをモニタ/操作できます。(オプション)
リカバリ機能 学習者がシステム設定を変更したり、不要なプログラムをインストールしたりしても、再起動するだけで元の状態にもどせます。(オプション)
VOD(ビデオ・オン・デマンド) 先生の指示で、グループごとに別の動画教材・音声教材を配信します。(オプション)