CHIeruの関連サイト

  • クラウド型教材配信サービス
  • eラーニング教材販売ストアサービス
  • 先生のための語学教材活用ルーム
  • 教材オンラインショップ CHIeru.shop
  • フラッシュ型教材ダウンロードサイト eTeachers
  • CHIeru WebMagazine
  • フラッシュ型教材活用セミナー Flash Seminar

小学校の漢字の総仕上げに。中学校の漢字の基礎固めに。
漢検をテーマとした「フラッシュ型教材」

資料請求/お問い合わせ amazonで購入する

特長

フラッシュ漢検の特長

  • 人気書籍 旺文社「漢検プチドリル」をフラッシュ型教材に
  • 「読み」は「文章」と「熟語」で徹底的に
  • プリント教材で習得を確認
  • 学習するのが楽しくなる「学習進行チェックシート」つき

人気書籍 旺文社「漢検プチドリル」をフラッシュ型教材に

「フラッシュ漢検」は旺文社の人気書籍「漢検プチドリル」を元に作成されています。

漢検プチドリル

漢検の過去の検定試験の出題データを約10年分独自に分析し,繰り返し出題された問題だけを取り上げ,編集・構成しています。

問題はデータ分析にもとづき,3段階で構成しています(ホップ=必出問題,ステップ=頻出問題,ジャンプ=重要問題)。

 

「読み」は「文章」と「熟語」で徹底的に

漢検の問題によく出る「読み」の問題を、熟語と文章で学習。対義語や類義語は穴埋めで学習できます。同じ漢字でもいろいろなパターンで学習できるので、コツコツ繰り返し取り組むことで確実に定着します。


プリント教材で習得を確認

付属のプリント教材で練習することによって、「読み」「書き」両方の能力をしっかり身につけさせます。

初めてでも大丈夫 実践のコツが豊富な「活用ガイド」つき

「フラッシュ型教材を使ったことがない」「フラッシュ型教材は知ってるけど、『フラッシュ漢検』はどう使えばいいの?」という方でも大丈夫。同梱ふろくの「活用ガイド」には、教材を活用した先生方の実践例や実践のコツが豊富に掲載されているので、まず何から取り組めばよいかがわかります。

たとえばこんな内容が...

家庭学習の意欲付けにも

 言語の単元「四字熟語」のまとめ学習として活用しました。教科書の四字熟語だけではなく、多くの四字熟語に取り組むことができ、とても効果がありました。事前準備の手間なく授業を進めることができました。

 また、問題が文章で提示されているので、おおかたの意味は読みながらつかむことができました。難しい四字熟語については、辞書を引かせて意味を確認し、最後に資料集の四字熟語を紹介し、家庭学習の意欲を喚起しました。

中学生もフラッシュマンが大好き

 授業のまとめのワークシートは、取り組みの進度に差が出るので、早く終わった生徒にパソコンを開放し「フラッシュ漢検」を自由に使わせてみました。前に出てくる生徒が一人、二人と増えていき、楽しんで問題に取り組んでいました。フラッシュマンが出ると、フラッシュマンと同じポーズをしながら声を出し、正解、間違いも含めて教室内が盛り上がっていました。

 その間、教師は、ワークシート記入に戸惑っている生徒の支援にまわりましたが、早くフラッシュの仲間に入りたくて、集中して課題に取り組む生徒が多かったです。

高学年なら小学校の漢字の総仕上げに

 復習として取り組みました。声が大きく出せていて、フラッシュマンの言葉も真似していました。答えつきのパターン、答えなしと徐々に難易度を上げて取り組ませました。ちょうど1学期のまとめの漢字テストで出たものが含まれていたのでよい復習になりました。
(『フラッシュ漢検 5級』を使用)

学習するのが楽しくなる「学習進行チェックシート」つき

プリント教材のほかに,各プリント教材の進度をチェックする学習進行チェックシートと組み合わせることで,日々の学習を積み重ねていくことができます。チェックシートを複数ご用意しています。複数ありますので,お好みにあわせてプリントアウトしてご利用ください(プリント教材,学習進行チェックシートはいずれもデータとして収録しております)。

各巻の収録教材数

教材数:234教材

プリント教材:67枚

教材数:338教材

プリント教材:97枚

教材数:398教材

プリント教材:114枚

資料請求/お問い合わせ amazonで購入する