CHIeruの関連サイト

  • クラウド型教材配信サービス
  • eラーニング教材販売ストアサービス
  • 先生のための語学教材活用ルーム
  • 教材オンラインショップ CHIeru.shop
  • フラッシュ型教材ダウンロードサイト eTeachers
  • CHIeru WebMagazine
  • フラッシュ型教材活用セミナー Flash Seminar

機能概要

『Flowソフトウェア』
問題作成
  • 正誤・多肢選択・多肢選択複数解答、記述、数値、手書き回答の6種類のタイプの問題を作成できます。
  • Microsoft PowerPointのスライドに問題を作成して事前に出題の準備ができます。(PPTアドオン)
  • Microsoft Word文書等に問題を作成して事前に出題の準備ができます。
  • Youtubeの動画、画像、テキスト、URLを用いて問題を作成して事前に出題の準備ができます。(レッスンビルダー)
回答の収集
  • 学習者の回答をリアルタイムに収集できます。
  • 学習者の回答状況(回答済人数・各学習者の回答状況)をリアルタイムに確認できます。
  • 学習者から回答を収集している際に、状況に応じて制限時間の増加ができます。
回答の集計
  • 回答結果を集計し、回答結果をファイルで保存できます。
  • 回答結果には、学習者ごとに回答の正誤・得点の記録できます。
  • 学習者の回答の分布(円グラフ・棒グラフ)、学習者が回答に要した時間の分布(棒グラフ)を表示・記録できます
参加者の管理
  • 参加する学習者の登録をせずに、匿名で学習から回答を収集できます。
  • 学習者の学生番号、氏名、クリッカー番号が記載された参加者名簿ファイルを表計算ソフト(xlsx)形式で作成できます。
  • 参加者名簿ファイルを利用することで、参加する学生を特定した回答の収集と回答結果の記録ができます。
多言語対応
  • メニューの表記を日本語/英語/中国語(繁体字)/韓国語/タイ語/ハンガリー語/フランス語/スペイン語/オランダ語/ドイツ語/ポーランド語/ロシア語/イタリア語の中から動的に切り替えられます。
学生用クリッカー 端末 『CPS Pulse』
無線レシーバ
  • 教員用PCのUSBポートに接続するだけで利用でき、個別に電源を必要としません。
  • 無線レシーバ1台につき、最大250台のリモコンを接続できます。(レシーバ2台500台まで接続可能)
問題の回答
  • 正誤・多肢選択・多肢選択複数解答、記述(英数字140文字)、数値、の5種類のタイプの問題に回答できます。
  • 液晶ディスプレイで入力した回答を確認できます。
学生用ソフトウェアクリッカー 『vPad』
無線LAN/インターネット接続
  • 無線LAN(802.11 a/b/g/n )または有線LANに接続した環境で利用できます。
  • インターネットに接続できる環境であれば、利用場所に関係なく、遠隔教室等の環境であっても利用できます。
問題の回答
  • 正誤・多肢選択・多肢選択複数解答、記述、数値、手書き回答の6種類の問題に回答できます。
  • 手書き回答問題には、画面上にペン・図形描画ツールを用いて自由に回答を書くことができます。(PC/タブレット版のみ)
  • 手書き回答問題に学習者が描画して回答している状況は動画にて保存されます。
  • 教員が小テストをインターネットを通じて配布し、学生はインターネットを通じて宿題の回答と提出ができます。(宿題モード)

動作環境

動作環境

価格

製品名 標準価格
CPS Pulse教室パック30個(CW-CPSP30P) ¥429,840 (¥398,000)

【内容】『CPS Pulse』 x 30、無線レシーバキット、専用キャリーケース
クリッカー30個とレシーバを専用キャリーケースに入れてセットでご用意

『CPS Pulse』クリッカー1個(CW-CPSP001) ¥12,960 (¥12,000)
無線レシーバキット(CW-CPSKIT) ¥52,920 (¥49,000)
『CPS Pulse 』専用キャリーケース(31個用) (CW-CPS-CC01) ¥23,760 (¥22,000)
『vPad』(ソフトウェアクリッカー)ライセンス (CW-VPAD) オープン価格

vPadはのライセンスは、Flowがインストールされた教員PCに同時に接続する人数分のライセンスをご購入いただく形となります。 利用するユーザー全員の人数分のライセンスを購入いただく必要はありません。

購入したライセンスは、「ライセンス認証用USBドライブ」に記録して提供し、ご利用時には教員用PCに挿入した、「ライセンス認証用USBドライブ」よりライセンス数を認証してお使い頂きます。 これにより、複数の教員用PCで購入したvPadのライセンスをお使い頂くことができます。