クリッカーシステム『FLOW』は最大1,000人までの
学生の理解度をリアルタイムでグラフで表示。
クラスの理解度に合わせて、授業を進めることができます。

クリッカーシステム Flow (フロー)でできること

  • 学生の理解度を把握しながら授業を進行

    教員はリアルタイムに回答者の授業内容の理解が把握できるので、学生の理解度に合わせた授業進行を行えます。学生の理解が薄い場合には、その部分を再度解説したり、学生に質問をすることで考える機会を増やすことができます。

  • 最大1,000人までのアンケート調査(*)

    大教室での授業や、セミナーや学会などのイベントで、アンケート集計ができます。 *『vPad』の最大接続可能端末数は1000台、『CPS Pulse』の最大接続端末数は500台となります。

  • 資格試験対策

    医学部・薬学部・歯学部等の国家試験を目標とした科目において、学生に試験問題を次々に回答させ、正答率をインタラクティブに表示することで、試験対策の講義を効果的に進めることができます。

  • 問題の配布・回収・採点の時間を短縮!小テストの実施

    小テスト機能を使うことで、制限時間を設定した小テスト問題の作成と配布ができ、学生が自分のペースで解答した結果を回収することができます。問題の配布、回収、採点を短縮し、教員の負担を軽減できます。

  • 宿題による事後学習

    宿題機能を使うことで、学生にいつでもどこでもインターネットを通じて小テスト問題に取り組ませることができます。授業の復習や事後学習に活用できます。

  Copyright © 2013 CHIeru Co.,Ltd All rights reserved.