特長

Winkeeper™ TBが確保する4つのセキュリティ

盗難・紛失防止

  • 「見えないワイヤーロック」で端末の使用状態を監視。
    「端末ロック」と「大音量アラーム」が
    盗難・紛失を防止します。

  • ■ 無線LANを利用する学習者タブレットの場合

    • ・ 「無線LANアクセスポイント監視機能」で、盗難・紛失を防ぎます。
    • ・ 校内無線LANの範囲から外れ、指定のアクセスポイントのSSIDが特定の時間内に検出できない場合、「端末ロック」と「大音量アラーム」が発動します。

    無線LANを利用する学習者タブレットの場合

  • ■ 職員室の校務用コンピュータの場合

    • ・ 「ネットワーク接続監視機能」や「ACアダプター監視機能」が、盗難・紛失を防ぎます。
    • ・ ネットワークが切断された・電源アダプターが外された場合、「端末ロック」と「大音量アラーム」が発動します。

    職員室の校務用コンピュータの場合

  • ■ 盗難や紛失後のデータ自動消去 新機能1

    • ・ デバイスが不正に持ち出されるなどのポリシー違反が起こるとロックが掛かります。
    • ・ 一定時間後、ディスク消去が発動し、削除処理が進行します。

    盗難や紛失後のデータ自動消去

  • ※「端末ロック」の解除方法

    ポリシーを満たせば自動的に解除

    ポリシー違反によるロック実行後に、再びポリシーを満たす状態になった場合に自動でロックを解除します。例えば「AC アダプター監視」をON にしている場合、AC アダプターが外れるとロックがかかり、AC アダプターを接続するとロックが解除されます。

情報漏えい対策

  • 「不正接続禁止機能」が、情報漏洩を防ぎ、
    「ゲートウェイ監視機能」で、学習系・校務系の
    ネットワーク分離の強化します。

  • ■ 学習用タブレットの場合

    • ・ 校内無線LAN以外への接続を禁止します。
    • ・ 校外学習などで、不明な無線LANへの接続を防ぐことで、情報漏えいの被害にあうことを防ぎます。

    学習用タブレットの場合

  • ■ 職員室の校務用コンピュータの場合

    • ・ 職員室の校務ネットワーク以外への接続を禁止します。
    • ・ 「ゲートウェイ監視機能」が校務用コンピュータから許可されていない外部のネットワークに接続することを禁止します。校務系ネットワークの分離を強化できます。

    職員室の校務用コンピュータの場合

情報セキュリティ意識徹底

  • ルールを常に掲示することで、
    セキュリティ意識を徹底周知させます。

  • ■ 「利用ルール画面表示機能」で、複数端末の壁紙を一括変更

    • ・ 学習用タブレットの壁紙にルールを常に表示したり、校務用PCに重要な利用規程を常に表示したりすることで、セキュリティ意識を徹底周知します。

    「利用ルール画面表示機能」で、複数端末の壁紙を一括変更

管理・メンテナンス負担軽減

  • メンテナンスを効率化することで
    手軽に安定した環境を保ち、トラブルを防ぎます。

  • ■ 再起動でシステム環境復元

    • ・ 再起動をするだけで元の正常な環境に復元し、常に安定した環境を保ちます。
    • ・ 端末に作業データを残さないため、情報漏えい対策としても役立ちます。

    再起動でシステム環境復元

  • ■ 『Winkeeper TB』保護機能停止中の「Windows Update」の自動停止 新機能2

    • ・ 『Winkeeper TB』の「保護機能」が停止中でも「Windows Update」を自動的に停止する機能です。
      ※従来は「保護機能」が活動中のみ有効な機能でした。
    • ・ メンテナンスなどで『WinKeeper TB』の保護機能を停止しても、「Windows Update」を適用しないことが可能になります。
    • ・ 「Windows Update」によってタブレットを授業中に利用できなくなり、授業が止まることを防ぎます。

    『Winkeeper TB』保護機能停止中の「Windows Update」の自動停止

  • ■ タブレットに溜まっていくカメラ画像・動画を自動消去

    • ・ 「特定データ自動削除機能」がカメラロール内の写真・動画データを、設定したスケジュールで自動的に定期削除
    • ・ 授業で利用した後で、不必要なデータを削除します。

    タブレットに溜まっていくカメラ画像・動画を自動消去

    「特定データ自動削除機能」が便利な理由

    タブレットで写真・動画を撮ると、すぐに容量が足りなくなり、端末の動作が重くなります。子供達は、そういった認識が薄いため、写真・動画を撮り放題です。

    しかし、次の授業で活用するため、カメラロールは環境復元ソフトの設定から外しているケースも多く、定期的に手動で削除せざるを得なくなります。

    「特定データ自動削除機能」が便利な理由

  Copyright © 2017 CHIeru Co.,Ltd All rights reserved.
ページ トップ