『第6回教育ITソリューションEXPO』出展レポート

チエルは、2015年5月20日~22日の3日間、
東京ビックサイトで開催された全国各地から学校・教育関係者が来場する、
日本最大の文教市場向けIT専門展『第6回教育ITソリューションEXPO』(以降、EDIX)に
出展いたしました。

EDIXへの来場者数は、20日(水)8,348名 21日(木)8,827名 22日(金)10,329名
合計27,594名(※)と昨年からの微増を記録。

※EDIX主催リードエクジビジョンジャパン2015年5月25日発表による。

チエルのブースは、3日間を通じて予想を超えるにぎわいでした。
会期中、「教材・教育コンテンツゾーン」にて、高校・大学向けのアクティブラーニング・ソリューションと、小学校・中学校向けのタブレット対応教務支援システム、さらには、デジタル教材の新製品の展示を行いました。

高校・大学エリアのコンセプトは「学生の学びを支える」。
学修支援システムやクラウド型教材を展示。

展示製品
・アクティブラーニング型学修支援システム『ABLish』、
・クラウド型TOEIC・TOEFL英語教材『スーパー英語 Academic Express2
・無線LAN最適化ソリューション『Tbridge

・日本国内1,300以上、海外でも20カ国以上の学校への導入実績を持つ
 CALLシステム『CaLabo EX(キャラボ イーエックス)
・パソコン教室向けの授業支援システム『CaLabo LX(キャラボ エルエックス)
・タブレット対応授業支援プラットフォーム『CaLabo Bridge(キャラボ ブリッジ)
(2015年1月にバージョンアップ)
・タブレット対応授業支援システム『CaLabo TX(キャラボ ティーエックス)
(2015年3月に発売)
・クリッカー『FLOW(フロー)

電子黒板を活用して行われたクリッカー『FLOW(フロー)』のデモでは、問題作成から回答の集計、学生へのフィードバックまで、直感で行える操作性が人気を集めました。

※電子黒板
・Goodsam 86インチ
シネックスインフォテック様ご提供

小・中学校エリアのコンセプトは「先生の教える仕事を支える」。
"タブレット授業支援システム&タブレット教材"を展示。

チエルは「基礎・基本の習得」に向けた学習活動等をICTで支援することで、多忙を極める先生方の負担を軽減し、教育内容の充実を図ることをサポートします。

展示製品
・タブレット対応教務支援システム「らくらくシリーズ
タブレット対応教材シリーズ

電子黒板を活用して行った授業支援システム『らくらく授業支援』のデモでは先生用のタブレット、児童生徒用のタブレットPCを利用し、授業を効率よく進められる様子を体験いただきました。

一斉提示型教材『小学校の見せて教える社会科5年生』のデモではデジタル教材が可能にする、社会科の細やかな指導をご紹介しました。

実際にICTを活用している授業の様子を動画で放映。
子どもたちが「タブレットを使った授業はわかりやすい・楽しい」と意見を述べている現場の様子を体験いただけました。

また、日本ヒューレット・パッカード様のブースにおいて電子黒板・教育市場向け2in1タブレットを使用した簡易デモを行わせていただきました。

フラッシュ型教材』『らくらく授業支援システム』を活用して45分間の授業を効率的に進め、「基礎・基本の習得」のための時間を作り出す授業を動画で紹介し、併せて、授業で使用しているシステムをご体験いただきました。

会期中は、弊社ブースにお立ち寄りいただきましたこと、社員一同、心よりお礼申し上げます。
単に弊社製品を紹介する場としてだけでなく、ご来場いただいたお客様の生の声を数多く頂戴した大変有意義な展示会となりました。

チエルは、2016年度もEDIXに出展します!

皆様からいただいた貴重なご意見を参考にして、これからも製品の質の向上、サービスの向上を追求し、お客様のニーズにお応えできるよう努めてまいります。
2016年度のEDIXでまたお会いできますこと、楽しみにしております。