教育とICT活用事例 CASE STUDIES

SLC(Self-access Language Center)を通して 英語力を育てる

小・中学校 2008年09月29日

【『旺文社・英検CAT』活用事例】
東急東横線 日吉駅から徒歩5分。登校する生徒たちに混じって、「普通部通り」と呼ばれる商店街を抜けると慶應義塾普通部のフェンスが見える。歴史と伝統の中で、生徒の“自律学習(Self-access Laearning)”を支える英語科の取り組みを取材した。

慶應義塾普通部
http://www.kf.keio.ac.jp/

▲席についた生徒から「旺文社・英検CAT」を開始

教室に入ってくる1年生たちへ「出欠を取るから入り口で自分の名前に○をつけて」と跡部先生が声をかける。 毎週土曜日の1時間目を自習時間に充てている同校では、“学習者の自主性を育てるための英語学習環境”として「Self-access Language Center」を開いている。 この日の参加者は、44名。生徒たちは、教室に入るとCHIeru.netにアクセスし、次々と学習を始めた。

 

▲ 「パーフェクト!」

「この代名詞のoneって、何を指しているのかな?」
「何で問題文(英文)は読めるのに、答えはわからないんだ・・・」などと呟きながら、生徒たちは問題を解いていく。
中には、問題を全て解き終わり、表示された 「学習の記録」を見て「あー、1問だけ間違えちゃった」と悔しそうな声を挙げる生徒も。

時々、隣に座る友だちのディスプレイを覗いたり、相談をしながら、自分のペースで学習を進めていく。

跡部先生が、生徒たちに指示していることは一つ。自分のレベルを把握し、学習を進めるために「まず、始めに英検レベル診断を受ける」ことだ。
この日、初めて「旺文社・英検CAT」に取り組んだ生徒は、英検レベル診断の結果を跡部先生に見せ、自分の英語力についてアドバイスを受けていた。

 

▲ 自分の取り組みについてアドバイスを受ける

「もともと、SLCでは、NHK基礎英語のテキストとCDを使って自習をさせていました」と話す跡部先生が「旺文社・英検CAT」を採用したのには、教材名にもなっているCAT(Computerized Adaptive Testing)エンジンが“幅広い生徒のレベルに対応する”ことをご存じだったことと、“レベル診断だけではなく、学習できる”という点にある。
特に、SLCには、英検2級程度から5級まで幅広いレベルの生徒が参加しており、また、自分のパソコンを持っている生徒も多いため、学校だけではなく、自宅に帰ってからも取り組める「旺文社・英検CAT」は、メリットが大きいという。

「12月に開かれる保護者会では、この3ヶ月間の取り組みについて、話をしたいと考えています」と、跡部先生。保護者の方々の教育に対する関心の高さと、生徒の英語力アップに向けた、家庭と学校の連携を感じた。

この記事で使われている製品

登録はありません

関連記事

関連記事はありません

人気記事

お気軽にお問い合わせください

製品の実物を見てみたい、費用を知りたい、導入までの流れを知りたいなど
どんなご要望でもお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ後の流れ

必要に応じて担当の者がご相談に伺います。お客様の了承なしに電話をかけたり
訪問営業することはございませんので、安心してお問い合わせください。

  Copyright © 2017 CHIeru Co.,Ltd All rights reserved.
ページ トップ