ハードウェア 画像転送システム

S300-AV

概要

延べ500教室以上の導入実績を誇る、
コンピュータ教室・CALL教室用の画像転送システム。

中間モニターにAV機器や教員PCの映像・音声を
リアルタイムに送出できます。

映像・音声を駆使した効果的な教育を、簡単な操作で実現することができます。

ハードウェアから制御 S300-AVタッチパネルコントローラーから操作 ソフトウェアから制御 CALLシステム『CaLabo EX」や授業支援システム「CaLabo LX」から操作
  • 先生PCの確認モニタに投影しているものと同じものを、生徒卓の中間モニタに投影できます。
  • マスタユニット1台につき最大64台まで配信できます (マスターユニットよりBUS1~8に出力、各BUSは最大8段までカスケード接続が可能)

専用ハードウェア方式

映像・音声の転送はもちろん、システムの操作も専用タッチパネルコントローラで行うため、OSやソフトウェア、ネットワークに依存しません。そのためMacintoshやLinuxなどWindows端末以外の教室にも利用できます。

ステレオ音声の転送にも対応

AV機器の音声や教員PCの音声などを、高品質のステレオ音声として転送することができます。

ハイレゾリューション対応

フルHD(1920×1080)やWide-UXGA(1920×1200)といった高解像度にも対応しています。

汎用LANケーブルの使用によりコストダウンが可能

映像・音声の転送には市販のCAT5eケーブルを使用。汎用品の利用により敷設が容易になるだけでなく、システム全体のコストダウンを図ることができます。(STPケーブルを利用してください)

専用タッチパネルコントローラ

映像・音声の送出は専用のタッチパネルコントローラで簡単に行えます。

学習者を2つのグループに分けグループごとに異なるソースを送出 動作モードの切り替えにより2教室の分離統合構成にも対応 プロジェクタやプレビューモニタへの送出 入力系統はRGB×3系統NTSC× 4系統 再生·停止など、接続されたAV機器の操作が可能 入力音声のボリューム調整やミュートマイクミックスの制御が可能
  Copyright © 2017 CHIeru Co.,Ltd All rights reserved.
ページ トップ