ハードウェア 画像転送システム

S300-HD(デジタル)

構成例

コンピュータ教室やCALL教室において、AV機器や教員PCの映像・音声を中間モニターに転送します。高精細な映像・音声を駆使した効果的な教育を、簡単な操作で実現することができます。

中間モニター構成イメージ

最大7系統の映像・音声ソースの入力に対応

[S300-HDJマスターユニット 映像・音声創出先の制御 映像・音声の創出 HDMI入力ソース 持ち込みPC ブルーレイ 先生PC アナログ入力についてはお問い合わせください。 プレビューモニターへ提示 HDMI映像音声信号分離機 プロジェクターへ提示 製品にはこれらのケーブル及びHOMIケーブルは同梱しておりません。

入力ソースは、専用操作パネルから3系統の出力先に切替可能。学習者の中間モニター、室内のプロジェクターや大型テレビに出力できます。 学習者の中間モニターに転送する場合は、ブランチユニットで接続(マスターユニットよりBUS1~4に出力、各BUSは最大10段までカスケード接続が可能)。マスターユニットに標準で同梱される「HDMI映像音声分離機」で映像と音声を分離し、映像はプロジェクターに、音声はルームスピーカーに出力することができます。

グループ別制御機能でグループ毎に異なる映像・音声を送出

一つの教室内を二つのグループに分け、それぞれのグループに違うソースの映像・音声を同時に配信できます。

[S300-HDJマスターユニット Aグループ 教員PCを送出 中間モニター 中問モニター 中間モニター Bグループ ブルーレイを送出 中間モニター 中間モニター 中間モニター

専用操作パネルで簡単に映像・音声の送出を決定

映像・音声の送出は専用のタッチパネルコントローラーで簡単に行えます。入力ソースの種類に合わせてボタンの表示名変更や、設置環境にあわせて不要なボタンの表示/非表示設定ができます。操作パネルはAndroidタブレットを使用しており、マスターユニットとはWi-Fiで接続されるため、コントローラーを持ち歩きながらの操作が可能です。

学習者間の中間モニターへの送出 プロジェクターへの送出 学習者へ配信前に確認するプレビューモニターへの送出 グループごとに送出
プロジェクターへのケーブル配線が容易になります!アクティブ光ケーブル
ページ トップ