動作環境

ICT Manager

ExtraConsole Server

OS Windows Server 2016 / 2012R2 / 2008
CPU Intel Core 2 Duo 2.1GHz以上
メモリ 2GB以上
HDD 300MB 以上の空き領域(必須アプリケーション用領域及びデータベース領域を除く)
  • ※上記動作要件は管理台数を300台程度を想定しております。
  • 管理台数が1,000台程度の場合は下記をご参照ください。
CPU Intel Xeon 2.8GHz 以上
メモリ 4GB 以上

ExtraConsole Agent

OS Windows 10 Pro / 8.1 Pro / 7 SP1 / Professional
CPU Intel Pentium 4 2.3GHz以上(Intel Core 2 Duo 2.1GHz以上推奨)
メモリ 1GB以上(2GB以上推奨)
HDD 20MB 以上の空き領域(必須アプリケーション用領域を除く)
ブラウザ Microsoft Edge,Internet Explorer v11,Mozilla Firefox

ExtraConsole Option Pack

OS

Windows 8.1 Pro / 8 Pro / 7 Professional SP1 / Windows Server 2016 / Windows Server 2012 R2 Standard / 2008 R2 Enterprise Edition SP1 / 2008 R2 Standard Edition SP1

CPU Intel Pentium 4 2.3GHz 以上(Intel Core 2 Duo 2.1 GHz 以上推奨)
メモリ 1GB 以上(2GB 以上推奨)
HDD 20MB 以上の空き領域(必須アプリケーション用領域を除く)

Webコンソール

ブラウザ Internet Explorer 9 以上
Firefox 10 以上

共通

アプリケーション Adobe Reader X 以上
ネットワーク Fast Ethernet(ExtraConsole Agentは無線LAN含む / Gigabit Ethernet推奨)
ディスプレイ解像度 1280×1024以上 、16ビットまたは32ビットカラー
  • ※Webコンソールにて、モニター機能およびリモート機能を使用する場合は、32bitモードのInternet Explorerをご利用下さい。
  • ※WSUSと連携する場合、Windows Server Update Services 3.0 Service Pack 2が必要となります。
  • ※リモートからの電源ON機能を実施するには、各クライアントPCのBIOSからWake On LAN機能を設定してください。対象クライアントPCがWake On LANに対応していない場合、リモート電源ON機能は使用できません。
  • ※CAL(Client Access License)は本製品に付属しておりません。別途ご購入ください。
  • ※連携可能なWinKeeperのバージョンはv5およびv6となります。
  • ※モニタ処理に負荷がかかりますので、1グループあたり40台程度を目安に設定してください。
  • ※不正接続検知のレポートの表示機能をご利用時は、下記2点の条件が必要になります。
  • ・コンピュータ名: ExtraConsole Severから不正端末の名前を逆引きできる、又はリモート管理機能が利用できる。
  • ・ドメイン名、ログオン名: ExtraConsole Severから不正端末に対してリモート管理機能が利用できる。
  • ※ネットワークカテゴリの機能(ネットワークモニタ、プロトコル診断)やクライアント自動検知の一部の機能を使用する場合、SNMPによるネットワーク環境が設定されている必要があります。
  • ※ExtraConsole Sever、ExtraConsole Agentを同じパソコンにインストールすることはできません。
  • ※上記の要件を満たす全ての環境での動作を保証するものではありません。

ID Manager

OS Red Hat Enterprise Linux 7 (64bit)
CentOS 7 (64bit)
  • ※サーバースペックは、お客様の環境に合わせてご提案をいたします。詳しくはお問い合わせください。
  Copyright © 2017 CHIeru Co.,Ltd All rights reserved.
ページ トップ