ニュース&トピックス NEWS & TOPICS

製品 2014年03月14日

チエル、eラーニング教材『2014年度版 スーパー情報倫理』を、対応プラットフォーム拡大し3月19日より発売開始

 チエル 株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:川居 睦、資本金:3億円、以下チエル)は、2014年度版のeラーニング教材、『2014年度版スーパー情報倫理』[監修:情報教育学研究会(IEC)・情報倫理教育研究グループ]を、対応プラットフォームを拡大して3月19日より発売開始いたします。

背景

 インターネットは、電子メールで誰とでもコミュニケーションができる、Webで簡単に情報検索やショッピングができるなど、身近で便利なメディアになっています。一方、ネットワーク上のトラブル、個人情報の漏えい、著作権侵害などインターネットの問題点も出てきています。このようなインターネットの利便性とリスクが混在する情報社会の急速な発展において、 大学等の教育現場からの情報倫理教材に対するニーズも高まってきています。

 こうしたニーズに応えるべく、大学等で普及しているeラーニングプラットフォームのMoodle*1をはじめ、チエルで発売しているe-Learningシステム『Glaxa(グレクサ)』等で利用できるSCORM*2規格のeラーニング教材として、書籍「インターネットの光と影」[情報教育学研究会(IEC)・情報倫理教育研究グループ編、北大路書房刊]に準拠した、『スーパー情報倫理』を2012年度版、2013年度版と発売をしてまいりました。この間、大学等の初年次教育や情報倫理教育での活用で評価をいただくまでになり、この度、『2014年版 スーパー情報倫理』として、内容の改訂を行い、また、利用可能なプラットフォームを、従来からのSCORM対応版に加え、新たにクラウド型教材配信サービス『CHIeru.net(チエル・ドット・ネット)対応版』や講義支援システム『CaLabo Bridge(キャラボブリッジ)対応版』、eラーニングアプライアンスサーバ『eNetLibe(イーネットリーベ)対応版』とラインナップを広げて、製品を発売するに至りました。

*1 Moodle (Modular Object-Oriented Dynamic Learning Environment):
オープンソースで公開されているソフトウェアの一種で、インターネット上で授業用のウェブページを作るためのeラーニングプラットフォーム

*2 SCORM(Sharable Content Object Reference Model) :
eラーニングのプラットフォーム(LMS)とコンテンツの間のインターフェースやデータ形式を規定した標準規格

『2014年度版 スーパー情報倫理』の主な特長

  • 大学生・高校生などがインターネット社会において、「事故・事件」の被害者・加害者になることを未然に防ぎ、情報社会を生き抜いていくために必要な情報倫理・モラルに関する知識・ルールを、eラーニングによって身につけることができます。
  • 「インターネットと個人情報」「インターネットと知的財産権」など、項目ごとの詳しい解説により、生活や行動に密着した情報倫理・モラルを体系的に習得することができます。
  • 昨今の法改正やサイバー犯罪に関する情報も収録し、情報社会の変化に沿った知識が学べます。
  • 大学等の新入生教育や情報倫理教育、情報教育の教材として、また情報倫理・情報モラルの自習用教材として、幅広く利用できます。

2014年度版改訂の主なポイント

  • スマートフォンやタブレット等の携帯情報通信端末の変化
  • ソーシャルメディアの拡大とその影響
  • 初等中等教育・高等教育におけるICT活用の現状 について拡充されています。

 

 

教材内容

 

学習コンテンツ(全10章)

序 章:インターネットと情報社会
第1章:インターネットと個人情報
第2章:インターネットと知的財産権
第3章:インターネットと生活
第4章:インターネットとビジネス
第5章:インターネットと教育
第6章:インターネットとコミュニケーション
第7章:インターネットと犯罪
第8章:インターネットとセキュリティ
終 章 :健全な情報社会をめざして
■確認テストおよび解答・解説(計100問)
■演習問題および解答(計27問)

 

本教材は書籍「インターネットの光と影 Ver.5」[情報教育学研究会(IEC)・情報倫理教育研究グループ編、北大路書房刊]に準拠

【学習コンテンツ画面】
全10章・54ユニットから構成された、豊富な学習コンテンツを収載

 

【確認テスト(自習用):解答・解説画面】
各問題の出題ポイントに即したわかりやすい解説

 

【確認テスト(提示用)画面】
学習内容の習得をより確実にするために、章ごとに確認テスト(計100問)を用意

 

【演習問題・解答(例)画面】
応用学習のための演習問題と解答(計27問)を収載

 

 

製品名 2014年度版 スーパー情報倫理
SCORM対応版 CHIeru.net対応版 CaLabo Bridge対応版 eNetLibe対応版
発売開始日 2014/03/19
対応eラーニング
プラットフォーム
・Moodle
(v1.9/v2.0/
v2.1/v2.3)
・Glexa
CHIeru.net CaLabo Bridge eNetLibe
収載内容 ・学習コンテンツ(全10章・54ユニット)、
・章ごとの確認テストおよび解答・解説(計100問)
・演習問題および解答(計27問)
※SCORM対応版は、SCORM規格データの他に、HTML形式も収載されています。
販売対象 高等学校、大学、短大等 文教市場
標準価格(税別) ■1年間利用料:500,000円
※同一学校法人(同キャンパス)内において、同時接続数・登録ユーザ数(利用人数)は無制限
■3ヶ月間利用料:1,080円 ■基本1ライセンス:5,900円
■21ライセンス:98,000円
■6ヶ月間利用料:1,800円 ■41ライセンス:190,000円
■追加1ライセンス:5,000円

※記載の標準価格は税別となります。
※記載されている会社名および商品名は各社の商標もしくは登録商標です。

※記載されている会社名および商品名は各社の商標もしくは登録商標です。

 

【 本リリースに関するお問合せ先 】
チエル 株式会社  経営戦略室 村上、広報担当 橋本
TEL: 03-6712-9721
E-Mail: chieru-info@chieru.co.jp
URL: http://www.chieru.co.jp

お気軽にお問い合わせください

製品の実物を見てみたい、費用を知りたい、導入までの流れを知りたいなど
どんなご要望でもお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ後の流れ

必要に応じて担当の者がご相談に伺います。お客様の了承なしに電話をかけたり
訪問営業することはございませんので、安心してお問い合わせください。

  Copyright © 2017 CHIeru Co.,Ltd All rights reserved.
ページ トップ