オプション

『LogLyzer Ver8.5』(ログライザー)は、Webフィルタリングソフト「InterSafe WebFilter」のサーバ内で生成されるアクセスログを取り込み、解析するレポーティングツールです。組織全体の利用状況から個々のユーザの利用状況まで、インターネットの利用状況を様々な角度から容易に分析することが可能です。

無償で『LogLyzer Ver8.5』がご利用になれます。

Webフィルタリングソフト「InterSafe WebFilter」をご利用のお客様は無償で『LogLyzer Ver8.5』をご利用になれます。

情報漏洩対策、管理を強化!

アクセスログをカテゴリ別、ユーザ別、グループ別などに分類し、レポート莫大なログを自動分類するので、容易かつ迅速なログ分析が可能です。さらに、検索、書込みキーワードのレポートやアクセスログ・書込みログの複合検索などの機能が追加され、情報漏洩・内部統制対策をより強固に実現します。

添付ファイル復元 Web経由のデータアップロード証跡を保全

掲示板へのアップロードや、Webメールに添付されるなどして社外に転送されたファイルを POSTログから検索し、復元します。持ち出したファイル名を変更した場合でもファイルの中身を確認し、情報漏洩の経路追跡を実現します。

検索キーワードランキングレポート

GoogleやYahooなどの検索エンジンで検索された単語を集計しランキング化およびレポート表示します。 組織内のWebアクセスのトレンドや私的利用傾向を把握することができます。 またレポートで確認した結果を検索キーワード規制に登録するなどアクセスマネージメントの改善にも役立ちます。

アクセスログ・書き込みログ検索機能 LogLyzer Search

各ログを日時やユーザなどさまざまな条件で検索が可能となります。掲示板やSNSなどでの情報漏洩やコンプライアンス上影響のある発言を容易に追跡可能です。

52種類、300通り以上のレポートを作成可能

様々な分析ニーズに応えるため、52種類、300通り以上のレポートを出力可能。 CSVで編集する面倒な作業は不要です。
ネットスター社ウェブサイトへ

管理者負担を軽減する容易なレポート作成

レポートの自動作成&特定のEメールへの送信機能も装備しており、レポートの作成が非常に容易です。また、複数のInterSafe WebFilterをご利用いただいている場合でも、LogLyzerを利用してのログの統合分析が可能です。

●レポート一覧

LogLyzer Ver8.5(ログライザー)では4分類52種類のレポートが出力できることに加え、様々な項目に基づいてソートすることが可能で、合計で300通り以上の方法でログを分析することが可能です。

新バージョンのLogLyzer Ver8.5では、掲示板やウェブメールの書込み内容やアップロードファイルなどのPOSTログの取得に加え、検索キーワードや書き込みキーワードのログの取得が可能となり、情報漏洩対策、社内の利用状況の把握がより強化できます。
また、組織全体の利用状況から個々のユーザの利用状況まで、インターネットの利用状況を様々な角度から分かりやすいグラフなどを用いて、容易に分析することが可能です。

各イメージをクリックすると拡大表示されます。

  • カテゴリ別アクセス比率グラフ

    組織内でアクセスが最も多いカテゴリは?

  • カテゴリ別アクセス比率グラフ

    全アクセスのうち私的利用はどれくらい?

  • サイト別アクセスグラフ

    組織内でアクセスが最も多いURLは?

  • 端末別アクセスグラフ

    インターネット利用が多い端末は?

  • ユーザ別検索キーワード規制
    アクセス結果

    検索エンジンに何のキーワードを入力しているのか

  • 書き込みデータ表示

    社内からの書き込み内容を把握したい

LogLyzer Ver8.5

OS OS(32ビットアーキテクチャ)
日本語版Windows Server 2003 Standard Edition SP2
日本語版Windows Server 2003 R2 Standard Edition SP2
日本語版Windows Server 2008 Standard SP2
日本語版Windows XP Professional SP3
日本語版Windows Vista Business/Ultimate SP2
日本語版Windows 7 Professional/Enterprise SP1
日本語版Windows 8 Pro
OS(Windows 32 on Windows Server(WOW64),64ビットアーキテクチャ)
日本語版Windows Server 2008 R2 Standard Edition SP2
日本語版Windows Server 2012 Standard Edition
CPU Intel PentiumIII 600MHz以上のコンピュータ (1GHz以上のCPUを推奨)
メモリ 512MB以上 (1GB以上を推奨)
HDD 400MB以上の空き領域(ログを除く)
データベース Microsoft SQL Server 2008 Standard ※SP2を推奨
Microsoft SQL Server 2008 Standard R2 Standard Edition
Microsoft SQL Server 2012 Standard Edition ※SP1を推奨
Microsoft SQL Server 2008 R2 Express Edition ※SP1を推奨(以下SQL Server 2008 R2 Expressと呼びます)
Microsoft SQL Server 2012 R2 Express Edition ※SP1を推奨(以下SQL Server 2008 R2 Expressと呼びます)
  • ハードウェアのスペックはOSの動作要件以上が必要です。
  Copyright © 2017 CHIeru Co.,Ltd All rights reserved.
ページ トップ