ニュース&トピックス NEWS & TOPICS

製品 2016年04月27日

チエル、先生の教える仕事をICTで支援するタブレット対応教務支援システム『らくらく先生スイートver.2』を7月に発売予定

デジタル教材と教務支援ソフトウェアで、先生の日常的なICT活用を支援

 

 チエル株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:川居 睦、以下チエル)は、先生の教える仕事(教務)をICTで支援する、タブレット対応教務支援システム『らくらく先生スイートver.2』を企画・開発し、全国の教育委員会、小学校・中学校を対象に7月より販売を開始する予定です。

製品開発の背景

 文部科学省の「第2期教育振興基本計画」では、平成29年度までにタブレットなどの可動式のコンピュータや電子黒板・実物投影機などの普通教室へのICT学習環境の整備が計画されており、全国の学校で導入が進んでいます。一方で、教育現場では学校のICT学習環境を、いかに整備・活用をするかが課題となっており、ICTを利活用した教育を日々の授業に浸透させていくためにも、ICT学習環境の整備や活用を段階的実施していくことが推奨されています。

 こうした背景から、チエルはこれまでに、東北大学大学院情報科学研究科・堀田龍也教授および東京学芸大学教育学部・高橋純准教授の監修のもと、教育現場の段階的なICT環境整備と活用を支援する、タブレット対応教務支援システム『らくらく先生スイート』とタブレット対応デジタル教材を企画・開発してまいりました。

 今回発売する『らくらく先生スイートver.2』は、らくらく先生スイートに含まれるアプリケーションの連携をより強化し、チエルのタブレット対応デジタル教材と一緒に導入することで、先生のICTを活用した授業づくりをトータルに支援します。これにより、学校における段階的なICT学習環境の整備と、日常的なICT活用の一層の促進を支えてまいります。

 

『らくらく先生スイートver.2』の特長

らくらく教材ナビ ~教材準備をもっと「らくらく」に! ~

「デジタル教材管理・共有」機能を強化。センターサーバーでの学校間の教材共有も可能に

チエルのデジタル教材、先生の自作教材、写真や文書などの教材ファイルを、教科書の単元ごとに保存・共有ができます。また、教育センターなどに教務支援サーバーを導入し、各学校の教材やファイルを一元管理する「みんなのファイル」機能を新搭載。学校間で教材を共有する「教材ライブラリ」を作成できます。

学校で必要なファイル管理を実現する、「らくらくエクスプローラ」機能を新たに開発

クラス名簿を登録するだけで、サーバー内に「個人フォルダ」を自動的に作成することができます。また、学校・クラスの共有ファイルのフォルダ、授業ごとに使うフォルダなど、学校でよく利用する必要なフォルダを自動的に作成することができます。進級時には自動アーカイブ機能もあり、面倒なフォルダ管理の負担を軽減する、学校向けのファイル管理システムです。

先生の教材作成・準備が手軽にできる「教材作成」機能

先生は『らくらく教材ナビ』で一元的に管理している、写真・動画や文書などのデジタル教材を、「デジタルノート」機能を使って、授業で使う順番に貼り付けるだけで、授業で提示する教材を手軽に作成できます。

 

らくらく授業支援 ~タブレットを活用した毎日の授業をもっと「らくらく」に!~

児童生徒が情報をまとめて発表する学習活動を活発にする「デジタルノート」機能の強化

児童生徒が一人1台のタブレットを活用する授業では、子供たちが調べた情報をまとめて、クラスで発表する学習活動を行います。 新しい「デジタルノート」機能では、手書きの書き込みの他に、画像やビデオを貼りつけて、比較表示できる機能や、グループで分担して発表資料を作成できる機能が搭載されました。

クラスの意見の変化を視覚化できる、「座席グルーピング」機能と「アナライザー」機能

児童生徒のタブレット画面の一覧を、電子黒板等に表示して全員の意見を共有することができます。画面を動かして分類することで、意見の違いなどをわかりやすく表示できます。また「アナライザー」機能を使うことで、クラスの意見の変化をグラフでリアルタイムに表示できるようになりました。

 

らくらく座席表評価 ~授業の振り返りをもっと『らくらく』に!~

『らくらく授業支援』と『らくらく座席表評価』のシームレスな連携機能の強化

『らくらく座席表評価』は、児童生徒の学習活動をみとりながら、評価やメモ、発言回数、写真などを記録して、先生が後で授業の振り返りを行い、改善を行うことを支援するアプリケーションです。『らくらく授業支援』を使って、子供の画面を電子黒板等に表示して発表を行った場合、自動的に『らくらく座席表評価』の発言ポイントとして記録できるようになりました。

 

らくらく授業計画 ~授業の計画をもっと「らくらく」に!~

授業の計画と先生のスケジュールを管理する機能

『らくらく授業計画』は、学校の行事予定やクラスの時間割、各教科の指導計画を入力することで、先生の授業スケジュールの「週案」の作成をほぼ自動化することができます。授業の進捗状況を可視化できるため、授業の計画も立てやすくなります。

 

目的に合わせて活用できる、チエルのタブレット対応教材シリーズ (全27本)

・ 一斉提示型教材: 先生が、板書に時間のかかる図表などの提示をわかりやすくできます。
・インタラクティブ型教材: 先生が電子黒板上で動かしながら教えられます。
・フラッシュ型教材: 全員で一斉に繰り返して基礎・基本を習得します。
・個別学習型教材: 児童生徒が個別に楽しく繰り返して学習ができます。
・協働学習型教材: 児童生徒がグループで取り込んで楽しく学習ができます。

 

『らくらく先生スイート(教材ナビ・授業支援・座席表評価・授業計画)』
先生のICTを活用した授業づくりをトータルに支援するイメージ図

みんなの考えを比較して、共有する
(児童生徒画面の比較表示)

実験の結果を比較して、考える
(動画の比較再生)

製品概要

製品カテゴリ タブレット対応 一斉提示型教材シリーズ
製品名 らくらく先生スイート
販売対象 全国の文教関係の販売代理店を通して、主に教育委員会、小学校、中学校に販売
監修 東北大学大学院情報科学研究科 教授・堀田 龍也
東京学芸大学教育学部 准教授 ・高橋 純
販売開始日 2016年7月15日
価格 オープン価格
動作環境 ・Windows PC/Windowsタブレット (Windows 10、8.1、7に対応)
※Windows版ではInternet Explorer 11のインストールが必要です。
・iPad(iOS 9以上に対応)
※学習者用アプリのみ対応。
・らくらく教材ナビ、らくらく座席表評価、らくらく授業計画の利用には教務支援サーバーが必要です。
教務支援サーバーの動作環境など詳細は弊社Webサイトを御覧ください。
らくらく先生スイート Webサイト:
http://www.chieru.co.jp/products/jr-school/rakuraku/
 
 

※Windows®は、Microsoft Corporationの登録商標または商標です。
※iPad は、Apple Inc.の登録商標または商標です。
※らくらく先生スイートは当社の登録商標です。
※記載されている内容は、予告なしに変更または中止されることがございます。

 

 

 

【 本リリースに関するお問合せ先 】
チエル 株式会社  マーケティング部・安田
TEL: 03-6712-9721
E-Mail: chieru-info@chieru.co.jp
URL: http://www.chieru.co.jp

 

お気軽にお問い合わせください

製品の実物を見てみたい、費用を知りたい、導入までの流れを知りたいなど
どんなご要望でもお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ後の流れ

必要に応じて担当の者がご相談に伺います。お客様の了承なしに電話をかけたり
訪問営業することはございませんので、安心してお問い合わせください。

  Copyright © 2017 CHIeru Co.,Ltd All rights reserved.
ページ トップ