ニュース&トピックス NEWS & TOPICS

企業情報 2021年08月27日

語学4技能学習支援システム『CaLabo®︎ MX』 経済産業省「EdTech 導入補助金」に採択 〜対面授業と家庭学習を簡単に把握し学習指導の質向上を〜

学校教育向けにICT利活用を支援するチエル株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:粟田輝、以下当社)は経済産業省が実施する令和2年度3次補正 「学びと社会の連携促進事業(先端的教育用ソフトウェア導入実証事業)費補助金」(以下「EdTech導入補助金」という)に採択されたことを発表いたします。

 

 

GIGAスクール構想により、全自治体等のうち 1,748自治体等(96.5 %) が令和2年度内に端末の納品が完了する見込みと発表されています*。1人1台環境で児童生徒が学ぶICT教育を、高等学校においても継続的に学べるよう高等学校における1人1台端末環境の整備も進むことが見込まれます。

 

『CaLabo®︎ MX』(以下本製品)は語学4技能に特化したクラウド型のシステムで、ノートPCやスマホなど可搬性のあるモバイル端末で利用できます。これまでBYOD(Bring Your Own Device)が進む大学で多く導入されてきた実績があり、今後ICT化が進む高等学校における語学4技能学習の授業も支援していきます。

 

* 出所:文部科学省「GIGAスクール構想の実現に向けたICT環境整備の進捗状況について(確定値)」

 

EdTech導入補助金2021の概要

 

EdTech導入補助金とは、学校等教育機関にEdTechツールを導入するEdTech事業者に対して、その導入に要する経費を補助する制度です。EdTech事業者が補助金の申請者となり、学校等設置者及び学校等教育機関等と連携し、EdTech事業者の協力によるよりよい学校環境づくりを後押しすることを目的にした事業になります。

 

EdTech導入補助金2021ポータルサイト:https://www.edt-hojo.jp/

 

製品概要

語学4技能学習支援システムCaLabo®︎ MX 《キャラボエムエックス》

 

BYOD環境に最適なクラウド型で対面授業やオンライン授業、家庭学習に対応した語学4技能の学習支援システムです。「聞く」「話す」「読む」「書く」の4技能に対応した学習支援機能が充実しています。特に、これまで評価に手間がかかっていた「話す」「書く」については、自動採点機能により成績管理の負担を軽減することができます。

 

時事ニュース英語やプレゼンテーション用フレーズ集などのコンテンツがプリセットされており、宿題の素材や自己学習の教材といった利用が可能です。また、先生が授業で利用したいフレーズを自動で音声ファイルに変換、必修単語のリストから自動で単語テストを作成するなど教材作成支援機能も充実しています。

 

CaLabo®︎ MX 活用事例動画

製品WEBページ

 

お問い合わせ

 

弊社ウェブサイトからもしくは担当営業にお問い合わせください。

https://www.chieru.co.jp/mailform/inquiry/

 

 

【 取材に関するお問合せ先 】
チエル株式会社 広報PR課

E-Mail:tm-pr@chieru.co.jp

お気軽にお問い合わせください

製品の実物を見てみたい、費用を知りたい、導入までの流れを知りたいなど
どんなご要望でもお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ後の流れ

必要に応じて担当の者がご相談に伺います。お客様の了承なしに電話をかけたり
訪問営業することはございませんので、安心してお問い合わせください。

  Copyright © 2017 CHIeru Co.,Ltd All rights reserved.
ページ トップ