Q & A

よくある質問にお答えします。

Q: ABLishとは、どんなサービスですか?
A: 『ABLish(エイブリッシュ)』は世界のニュースを約1分間の短いトピックにまとめて、誰が聴いても分かる2つのレベルで、音声と共に配信する「英語ニュース配信サービス」です。様々なジャンルをカバーする豊富なトピックが幅広い学びを、TOEFL®対応のクイズが深い学びを提供します。
おもな機能一覧はこちらをご参照ください。

Q: ABLishを利用するにはどのような動作環境が必要ですか?
A: ABLishは、クラウド型サービスです。パソコンやタブレットのブラウザ(InternetExplorer, FireFox, Safari, Chrome)からいつでもどこからでも利用が可能です。必要なプラグインなどは、動作環境をご参照ください。

Q: クリッカー(学生レスポンスシステム)とはどう違いますか。
A: クリッカーは対面授業で、教員と学生間の双方向コミュニケーションをはかるものですが、ABLishは、学生同士の協働学修などを通じて学修、相互評価した内容を、教員と学生間で双方向でやりとりができるツールです。クリッカーで知識の定着と確認を図り、さらにABLishで学生同士の協働学修や相互評価の活動まで実施することもできます。

Q: eLearning・LMS(学修管理システム)とはどう違いますか。
A: 従来のLMSは講義教材の保管が主な目的ですが、ABLishは教材を基にした深い学びを支援することが目的です。

Q: 自作教材とはどのようなものですか?
A: 文書やWebページ、動画サイトなど、授業で利用する 様々な教材を、自作教材としてABLishに登録できます。また、それらの教材ごとに、ディスカッション、課題、クイズなどの学修ツールを埋め込むことが可能です。
アップロード可能なフォーマットは、動作環境をご参照ください。

Q: 配信教材とはどのようなものですか?
A: 週3回配信される、ABLishオリジナルの英語ニュース教材です。世界の政治・経済・スポーツ・芸能など21ジャンルに亘るオーセンティックな英語ニュースを2種類の難易度の文章、読み上げ音声、クイズをつけ、教材化して配信します。TOEFL®テスト・TOEIC®テストなどの試験対策や、アクティブラーニングをとりいれた英語の授業で活用が可能です。

Q: 申込みはどのように行えばいいですか?
A: お申込をご検討いただき、誠にありがとうございます。
お客様に適した料金プラン等をご案内させていただきますので、こちらよりお問い合わせください。