Case Studies

[小]英語での実践

2008/09/29

小中

富山県:氷見市立海峰小学校 表 克昌

【子どもがノリノリ!フラッシュ型教材の活用】

チエル・フラッシュ型教材を活用することで学級が元気になります。

☆こんな人たちに役立ちます

  • 子供たちに活気がないクラス
  • 基礎的な知識が不足している子供
  • 子供を引きつけるような授業をしたい教師

☆用法

  • 授業の始めや終わり 3分程度
  • 1時間に1回程度の使用(使いすぎに注意)

☆使用上の注意

・子供を待たずに始めます。
フラッシュですから、1枚をじっくり見せるようなものではありません。
パッ、パッとテンポよく見せます。
授業の始めなど子供が揃っていなくても始めます。

・声を出させる、そろえさせます。
子供たちが一つの画面を「次は何かな」と期待し、集中して見ます。
その時に答えを大きな声で言うようにします。
時には競争したりして、意欲を高めます。

・変化のある繰り返しをします。
子供ですからあまり同じことを繰り返すと飽きてきます。
そこで、全員で言う、二人で言う、一人ずつ言う、クイズを取り入れるなど, やり方を少し変えて変化をもたせます。 見せる順番が教師の腕です。

・教師は明るく、そしてほめます。
教師は明るく、楽しそうに取り組みます。
その雰囲気が子供に伝染します。
また、ひたすらほめます。

英語編

英語の単語やダイアローグの練習に役立てることができます。

? 言葉を覚えます。

  • 教師(ALT)の発音を聞いて繰り返します。
  • 2回→1回→0回というようにリピートさせる回数などに変化をもたせます。
    (模擬授業でやってみます)
  • フラッシュのスピードは、子供の実態によりますが、子供が少し早いなと感じる程度がいいと思います。
  • 子供の様子を見ながら言えるように練習をします。
    (最初のうちはどうしても教師も画面を見てしまいます。子供たちの話す様子を見るようにします。経験を積めばできます)

? 言葉を覚えます。

  • 基本的なダイアローグを学びます。
  • 質問の仕方、答え方を練習します。
  • 子供と教師で交代してやります。(子供と子供でもいいです)
  • 最初は簡単な方を子供にやらせます。
  • その後、ペアやグループで練習をし、習熟を図ります。

? 簡単なクイズやゲームで習熟します。

  • 今回は、“What’s missing?”を行います。
  • その他にも絵の一部分を見せて当てる、ビンゴゲームをするなどが考えられます。

社会編

基礎的な知識の定着に役立てることができます。
3年生 地図記号 方位
4年生 都道府県名 県庁所在地
5年生 都道府県の名産 山や川などの名前
6年生 歴史年号 歴史上の人物などなど

? 地図記号
建物シリーズ、形のよく似たものを並べます。

? 都道府県名
都道府県の形を見て、どこか当てます。

? 都道府県クイズ
その都道府県の名産、有名なものを3ヒント形式で行います。
分かったところで挙手させます。
易しいヒントを最後にします。

※このページは2007年1月20日に開催された情報教育対応教員研修全国セミナーでの指導案を元に作成されたものです。

  Copyright © 2017 CHIeru Co.,Ltd All rights reserved.
ページ トップ